神社の由来
  • 神弓奉納祭
  • 厄払早見表
  • 交通のご案内
皇産霊神社御神徳
御祭神と御由来

 当神社は、日本の古典・古事記・日本書紀等の伝える天地造化の大神、高皇産巣日神、神産巣日神の二神大神を主祭神として皇産霊大神と尊称して奉祀する神社であります。
 歴代皇紀、神皇正統記等、多くの神典に高皇産霊神は男神、神皇産霊神は女神に坐しまして、天之御中主大神(宇宙中心の神)の御発動による陰陽両面の御姿の神であります。
当神社は「皇産霊大神」の神号を以て日本各地の神社で見受けることのできない数少ない奇霊なる大神をお祀りした神社であります。

御神徳

宮中神祇官八神の中の大神で、この神徳は二柱の神の御力と相応じて天地は開発して宇宙一切のものはこのムスビの御力で生に発育する奇霊な妙なる御神徳でございます。

相殿の神
天照大神

伊邪那岐神・
伊邪那美神

伊勢・皇大神宮の内宮の御祭神で皇室の祖神。

天照大神の両親にあたる神。古典に伝えるように数多くの神々の祖神であります。

御神徳
  • ・延命長寿
  • ・縁結び
  • ・夫婦円満
  • ・子孫繁栄
八意思兼神

天下の知恵者として称えられ、神話にある「天照大神の岩戸かくれ」の時に知恵を出され、大神をお出しになった知恵の神。

御神徳
  • ・企画
  • ・学力増進
天児屋根神

奈良・春日大社に祀る神。日本国中の八百萬神々を勧請した祖神で、儀礼儀式の始祖神。

御神徳
  • ・正直
  • ・清浄
  • ・慈悲